NLP心理学 | 国際NLP協会認定資格コース | NLPセミナー | 東京・大阪NLPカレッジ | セラピー | カウンセリング | コーチング | スピリチュアル | 英語対応可

NLPで人生を変える方法~ANGEL編~第1話

 
国際NLPで人生が変わったある女性の物語

―「夫や周りの人間から、自分の人生を制限されていると思い込んでいました。」

 

また、“事実は一つ”であり、周りが自分の思う通りじゃないとイライラしていたと言います。

 

ですが、NLPを学ぶことで制限をかけていたのは実は自分だったことに気づき、どんどん解放されていきました。

そして、人にはいろんな見方があると気づくことができ、前より穏やかになっていったとも言います。

 

そんな60代女性会社役員の物語です。

 

はじまり ~娘の変化を目の当たりに!衝撃のNLPコース~

NLPのコースを受けようと思ったきっかけは、

娘がニュージーランドで国際NLPマスタートレーナーであるアティーシャの「国際NLP協会認定プラクティショナーコース」を受けて帰ってきた時、明らかに「変わった」ことでした。

 

「これは何なんやろう?」と思ったときに、

アティーシャのコースに誘われて見学に行ってみたんです。

そこで、みんなの前で何度か彼女のデモセッションを受けました。

 

頭の中がくるくる回ってショックをうけたみたいな感じで、

正直何が起こっているのかわからなかったですけど、

ものすごく効いていることだけはわかったんです。

 

それで「これは何やねん!」と衝撃を受けて、

ちゃんと勉強したいなとプラクティショナーコース受講を決めました。

 

受講してみると、思っていた以上に自分が変化していくのを感じました。

 

「夫や会社に“コントロール”されている」と思っていた景色が変わった

今まで私は「人から制限をかけられることが多い」と思っていたんです。

 

夫や周りの人が「これをやったらいけない」「それをやったらだめなんじゃないか」と言われることが多く、

だから私は自由じゃないと思っていたんです。

 

その中には、実際に言われたこともありますが、私が勝手に思い込んでいただけのものもありました。

 

―「私は“会社の人間”であり、結婚して子どもができてからは“お母さん”であらねばならない。」

という意識が強かったんです。

 

こうあらねば」という意識が強かったんだと思います。

 

「世間体とか、体面を大事にしなければ」とか、

「会社を背負ってるから、これはやったらあかん」とか、

「なんかあったら会社に迷惑かかる」そんな風に考えていました。

 

でもNLPを受けて「制限は、本当は自分で自分にかけていたんだ」ということに気づくことができました。

 

「『〜をやってはいけない』という言葉を受け取ることを選んだのも自分、

その言葉を使って自分に制限をかけているのも自分やったんや。」と。

 

そして「自分で制限をかけているんだとしたら、それが嫌ならやめたらいいだけやん」と思った瞬間、

すごく楽に自由になって、光がぱーっと射したように感じました。

 

本当にやりたいことがあれば、ただやったらいいんじゃないか。

自分は母親や会社役員である前に、一人の人間なんだと思うことができるようになりました。

 

今でもまた知らない間に「自分で自分に制限をかけるループ」にはまっていたりもするんですけど、

とことんまではまったら「また制限をかけてるやないか!」って気付くことができ、

気付いたら自分で制限を手放すことができます

 

NLPをやっていなければ、その制限はかけっぱなしになっていたでしょう。

それがNLPを学びはじめて一番最初に得られた大きな気付きでした。

 

 KALA: 「制限」というものはない。

“自分の心を変える権利を自分に与えなさい。”(ハワイアンフナ哲学)©In Tuition

 

>Next:「NLPで人生を変える方法〜ANGEL編〜」第2話 (7月13日配信)