NLP心理学 | 国際NLP協会認定資格コース | NLPセミナー | 東京・大阪NLPカレッジ | セラピー | カウンセリング | コーチング | スピリチュアル | 英語対応可

NLPで人生を変える方法~華菜子編~第2話

 

【 はじめての方は「NLPで人生を変える方法~華菜子編~第1話」よりご覧ください。】

 

父への悲しみが手放せなかった13年間

国際NLPを学び始めたのが、父を亡くしてから13年くらい経った頃だったでしょうか。

 

長い時間が経っていたにもかかわらず、父親のことを思い出すたびに尋常じゃない泣き方をしていました。

 

まるで、昨日亡くなったかのような大きな悲しみが、13年経ったその時でもまだ感じていたんです。

 

それは自分にとってすごく苦しいことでした。

 

でも正直に言うと、「自分はまだ父親を忘れていなんだ」と、奇妙な喜びも感じていたんです。

 

「悲しみを手放さないことが父親への愛情なんだ」と、そんな風に思っていたんでしょう。

 

亡くなった後も、父親に精神的に依存していたんだと思います。

 

私は子どもの頃から父親に守られて育ちましたし、どこか父親を崇拝しているようなところがありました。

 

心の支えだった父親がいなくなったこと。

そして父親が亡くなったあとに裕福な暮らしから一転、貧乏になったこと。

 

これらの出来事から「自分には力がない」という信念が生まれ、自分の自信のなさや、依存にもつながっていたんじゃないかなと思います。

 

 

このような状況でどのように、自分自身のパワーを取り戻しますか?

 

>Next:「NLPで人生を変える方法〜華菜子編〜」第3話 (3月30日配信)