NLP心理学 | 国際NLP協会認定資格コース | NLPセミナー | 東京・大阪NLPカレッジ | セラピー | カウンセリング | コーチング | スピリチュアル | 英語対応可

【NLPコラム】すべては現実の「イメージ」次第!問題を創り出しているのは誰?

 

こんにちは!NLPインスパイアーです。

3月も中旬になり、春らしい陽気となってきましたね。

 

前回、集中力を高める方法として、意識と無意識がもつパワーについてお伝えしました。

 

▶前回コラムはこちら:「【NLPコラム】②無意識の使い方 集中力を高める方法」

 

今回は、無意識の領域であるイメージがもつパワーについて、2回に分けてお伝えしていきます。

 


■目次:

1.イメージ(内界の表象)が持つパワー

2.NLPコミュニケーションモデル

3.誰が「問題」を創り出しているのか?


 

 

┃1.イメージ(内界の表象)が持つパワーについて

 

よく、プロのスポーツ選手が試合前にイヤホンをしながら目をつむり、まさに“集中モード”に入っている姿を見たことはあるでしょうか?

 

もしくは「イメトレ(イメージトレーニング)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。私たちの行動を司るのは、97%の無意識だという話を以前ご紹介しました。

 

▶前回コラムはこちら:「【NLPコラム】②無意識の使い方 集中力を高める方法」

 

 

無意識のパワーのひとつとして、「イメージに反応する」という特徴があります。

この“イメージに反応する”ということについて、ご説明していきます。

 

私たちは何かを経験するとき、五感の知覚(視覚、聴覚、身体感覚、嗅覚、味覚)を通して外の世界の情報を受け取っています。

 

そして外の世界を理解するとき、私たちはその五感の情報に、自分の思考感情記憶信念価値観等をもとに、自分なりの解釈で意味づけを行い、脳内でその情報を再現します。

 

この脳内で再現される世界を、私たちは「現実」(=内界の表象)として認識しているのです。

 

そしてこの内界の表象には、自分なりの色付けがされた五感のイメージが再現され、そのイメージに私たちは心の状態(ステート)が影響し、さらには生理反応として態度や行動にも影響するのです。

 

 

┃2.どのように現実を創り出しているのか?

「NLPコミュニケーションモデル」について

 

これは、「NLPコミュニケーションモデル」という図式で説明することができます。

 

Copyright(C) 2010 NLP in Tuition

 

 

例えば、あなたに「人前で緊張する」という思い込みがあるとして、10名の前でプレゼン発表をする機会がありました。

 

この時に、10名が“多い”と意味付けるなら、実際に10名の前に立った時、頭の中で再現されるその10名は実際よりも多く見えるかもしれません。

 

もしくは自分を見る彼らの表情が暗く見えたり、彼らの話し声も、自分の誹謗中傷がステレオで聞こえてくるかもしれません。

 

そうすると、心の状態(ステート)は“緊張”状態となり、“失敗したらどうしよう”“バカにされたらどうしよう”と不安な気持ちになり、胸が締め付けられる感覚も感じるでしょう。

 

次に起こるのは、そのステートから引き出される生理反応として、

「声が震える」「手汗をかく」「猫背になる」等、体の反応が現れ、それがあなたの態度・行動としてアウトプットされるのです。

 

ここで大切なのは、私たちは実際には外の世界に反応しているのではなく、自分の内側で作り出した「現実」(=内界の表象)に心も体も反応するということです。

 

冒頭にお話しした、よくプロの選手が行っている「イメージトレーニング」は、この頭の中の「現実」(=内界の表象)を自分が望ましいように創り上げている作業だといえます。

 

内界の表象で、成功イメージがうまく描けると、それによって心の状態もそのイメージに合ったものになり、生理反応として体の動きもよりスムーズに動かせるということです。

 

 

┃3.誰が問題を創り出しているのか?

 

これは、普段の日常生活にも当てはめることができます。

 

もし仮に、仕事の人間関係で悩んでいるとして、悩ませている相手が頭から離れず

1日中イライラしている・・・こんなことはないでしょうか?

 

常に目の前に相手が存在しているわけでもないのに、自分を悩ませる。

 

多くの人は、相手に対して怒りをぶつけたくなるものです。

目の前から消えてほしい…」なんて。

 

これは本当の問題解決になるでしょうか?

 

なぜなら、実際に相手が離れたとしても、おそらくあなたの頭の中には、未解決の相手像内界の表象)が居座り続けるからです。

 

 

-過去と他人は変えられない。

 

私たちがコントロールできるのは、自分自身だけです。

 

本当の問題解決力とは、

自分自身を見つめ続ける勇気。

自分の感情の責任を取り続けること。

 

内界の表象(頭の中の現実)を変えたり、そもそも内界の表象を創り出している自分自身の信念(思い込み)や感情を癒すこと。これら自分自身の取り扱い方がNLPにはあります。

 

 

他の誰かや環境のせいにしたままでいると、いつまでたっても、周りに振り回される人生を送ることになります。

 

問題解決の手綱を自分自身に取り戻すと同時に、あなた自身のパワー可能性に目が向けられるようになるでしょう。

 

 

 

次回は、そのNLPスキルのひとつであり、内界の表象を扱う「サブモダリティ」についてご紹介していきます。

 

 

▶前回コラムはこちら:「“繰り返し”をうまく利用しよう!NLPスキル「アンカリング」とは?」

 

 

NLP個人セッション(個人カウンセリング)は随時受付中!

 平日・土曜日の10:30~19:00の間でご予約承ります。


NLPコーチング&セラピーで、本格お悩み解決(詳細はこちらから)

 

★★★ライン登録プレゼント!無料キャンペーン実施中!【2021.3.1~4.30まで!】★★★

 

ライン登録いただいた方に、「NLPライフコーチング(60分/通常10,000円)」を期間限定!

無料で1回分プレゼント!

 

あなたの本当にやりたいことを見つけるNLPライフコーチングをぜひ一度、体験にいらしてください。

 

【ライン登録はこちらから↓】

友だち追加