NLP心理学 | 国際NLP協会認定資格コース | NLPセミナー | 東京・大阪NLPカレッジ | セラピー | カウンセリング | コーチング | スピリチュアル | 英語対応可

NLPで人生を変える方法~TAIKO編~第3話

 

【 はじめての方は「NLPで人生を変える方法~TAIKO編~第1話」よりご覧ください。】

 

「パチンコ依存」からの解放

NLPをやるまで、パチンコにずっとハマっていて、やめたいのにやめられなかったんです。

 

「そんな時間があるならもっと家庭を大切にしたい」と思うのに、やめられない。

四六時中やっている自分が嫌いでした。

 

でも、「パート統合」というワークをした時に、「家庭を大切にしたい自分」と「パチンコをやめられない自分」この二人の自分をそれぞれイメージして会話したんです。

 

そうすると、そもそも二つに分かれていた自分の中のパート(部分)の目的はすべて「私のため」。

意図が同じだったんですよ。

それは驚いて感動したのを覚えています。

 

その後に、「2人の自分」を1つに統合すると、それまではパチンコをする自分を責めるばっかりだったのが「パチンコをやってもいい」という許可を自分に与えることができたんです。

 

「だめやだめや」と思いながらやらなくていいんだ、と。笑

自分を責めなくなったおかげで、心が軽くなりました。

 

そこからが不思議で、自分自身に許可を出すことで、いつのまにかパチンコをしなくなっている自分がいたんです。

 

全然面白くなくなって「一体今まで何してたんやろう?」と思いました。

 

自分を責めなくなったら、自分にとって役立たないことは自然とやめられるものなんですね。

 

― すべての行動には、肯定的な意図がある。(NLPの前提)©In Tuition

 

>Next:「NLPで人生を変える方法〜TAIKO編〜」第4話 (6月22日配信)